【2018年】宇都宮周辺で偏差値の高い中学とは?

宇都宮の中学校の中でも、その学校独自の教育理念や方針が魅力の県立中学校は、特に人気があることが特徴です。将来性を考えて、中学から徹底した教育を施してもらうために、小学生から受験をすることも珍しくなくなりました。小学校から受験をする場合、そのメリットも多いですが、デメリットもあることを知っておきましょう。また、近年の栃木県における中学入試の動向と共に、人気の中高一貫校や大学付属の入試動向も参考にしてみましょう。

栃木県の中学受験入試の動向

学力向上へ様々な取り組みを行っている栃木県の中学校では、創造力やリーダーシップを発揮できる人材を選抜するために、独自の入試形態をとっている場合があります。まず、小学校での学習や、生活の状況をから選考しています。出欠状況や学校での行動、課外授業に参加しているかなど、5年生から6年生の状況を総合的に選考します。

また、近年の国際化の影響から、英語やその他の外国語への活動に積極的であるかといった点も重要となっています。その他の選考方法は、課題にどのように取り組むのかを見る適性検査があります。思考力、表現力など、学力ではなく日常で身に付いた力を見られるのです。作文作成や面接なども選考の科目にあり、自分自身の考えをまとめて、言葉で表現する力も求められます。

宇都宮大学附属中学校の入試動向

宇都宮大学附属中学校は附属小学校からの持ち上がりで進学しますが、中学受験の募集も行われています。宇都宮大学附属中学は抽選形式の合格者決定が実施されていましたが、平成27年度の入試から廃止され、学力検査と適性検査を行った上で合格者を選抜するようになりました。先進的な教育を行っている学校ではありますが、特殊な入試はなく、他の学校と同じく適性検査や作文、面接が実施されています。

学力はもちろん、柔軟な発想と創造力、自分自身の考えを自分の言葉で分かりやすく伝える表現力などを兼ね備えていることが合格者の特徴として挙げられます。エスカレーター式の学校であるため、全体的に高いレベルの学力と思考力、表現力が必要になることが特徴です。

宇都宮東高附属中学校の入試動向

宇都宮東高附属中学校も抽選による選考が廃止され、一人ひとりの個性を大切にするという教育方針に相応しい形で合格者を選考します。適性検査では小学校生活で身に付けた課題解決能力や思考力、表現力など総合的な能力を見て合格者に相応しいか判断します。問題数自体は少なく傾向にありますが、その分一問の配点が高いことが特徴です。

作文制作では課題や資料をしっかり見て、考えをまとめる力が評価されます。テーマは比較的書きやすいものが選ばれる傾向にありますが、長い文章をまとめる能力を磨くことが重要になってきます。面接では5人程のグループ面接が行われ、6年間の学校生活を通して自分の考えをどのように表現できるかが問われます。

まとめ

小学校からの進学がほとんどの附属中学でも、受験することで中学から入学できます。しかし、その分偏差値は高く、入試ではハイレベルな能力が求められます。栃木県の入試の適性検査では、全体的に問題数が少なく、一問の配点が高いことが特徴ですが、それぞれの学校によって重視されているものが異なるので注意しましょう。しかし、どの入試においても適性検査や面接、作文が行われており、自身の考えをまとめて表現する力が強く求められています。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判