【2018年】宇都宮周辺で偏差値の高い高校とは?|宇都宮で受験に強い塾を徹底比較!

【2018年】宇都宮周辺で偏差値の高い高校とは?

長きに渡る不景気によって、学生のうちから将来のことを考えることも増えてきました。そのため、近年高校選びはより慎重に行われてるようになりました。宇都宮周辺でも偏差値の高い高校へ入学を希望する傾向が強くなっています。大学受験の際に有利になるようなレベルの高い高校に入学するためには、受験対策もしっかり行っておかなければなりません。

偏差値の高い高校の入試動向を知ることで、より効果的に対策を行うことが可能となります。どのような選抜方法で合格者が決まるのか、しっかり確認しておきましょう。

栃木県の高校受験入試の動向

栃木県立高校の入学試験では、その学校独自の特色選抜が設けられています。特色選抜に出願するためには、いくつかの条件があります。学力が十分にあることはもちろんですが、中学での特別活動や、校外でのボランティアなどに自分から参加していることが必須となることが多いです。その他にも、リーダーシップを発揮して活動を行っていることや、大学までを視野に入れた目標を持っているなど、学校によっても条件は様々です。

選抜の方法も面接は共通して行われますが、独自に行う審査もあります。学校側が作成した三教科の問題を解く場合や、小論文を作成する場合などもあり、面接もそれぞれ問われるものが異なります。高校の特色などを把握し、対策を行うことが重要となってきます。

宇都宮高校の入試動向

男子校ではありますが、栃木県の中でもトップの進学校として名高いのは宇都宮高校となります。一般入試では中学校での調査書よりも、ほとんど入試での学力が重視されます。偏差値も高く、問題数も非常に多いため、過去問などを解きながらもう一度基礎からしっかり学び、小さなミスを回避することも大切です。

特色選抜入試では、個人での面接が行われます。小論文の作成も審査にあり、1時間でテーマに沿って作成できる能力を身に付けておくことが大切です。特色選抜では、学校での特別活動などに自発的に参加していること、または文化活動やスポーツ活動のどちらかのコンクールや大会で入賞していることが条件となります。レベルの高い高校であるため、入学を希望する場合は、様々な活動を行っておくことが必要となってきます。

作新学院トップ英進の入試動向

作新学院トップ英進は、県内トップの高校と肩を並べる実力を持った進学校です。私立の共学高校であり、特別進学コースの他にも、商業コースやデザインコースなどの専門的なコースを設けています。私立のため、他の公立の高校と同時に受けることや、複数のコースを受験することもできます。複数のコースを併願する場合は、受験料が半額になることも特徴です。

入試に行われる科目は共通しているものも多いですが、出題される問題はそのコースによって異なるケースがあるため、対策を変えることが重要です。一回目の入試には三教科に加えて理科と社会なども実施されるため、その点もしっかり対策を行っておきましょう。単願受験者にはさらに面接が行われるため、こちらの対策も行っておくことが大切です。

まとめ

県内でもトップの宇都宮高校と作新学院トップ英進は共にハイレベルな学力が求められます。同じ学校の入試で同じ教科を行うことになっても、コースによって対策が異なるため、しっかり過去問題を見返しておくことが重要です。基礎を一から鍛えることで、些細なミスを無くし、確実に評価を上げることができるようになります。宇都宮高校の特色選抜では小論文作成も行われるため、対策も行っておくと良いでしょう。

  • 1

    優希シンシアティの特徴と評判は

  • 2

    開倫塾の特徴と評判は

  • 3

    能開センターの特徴と評判は

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判は

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判は