栃木県で偏差値の高い大学の受験対策は?

栃木県の大学は、就職に強い大学や医療関係の大学が多いことが特徴です。入る分野にもよりますが、全体的に偏差値も高いため、入学するには入念な受験対策が必要となります。中学や高校受験から、より一層専門的な知識が求められ、分野によっては国際的な能力も強く求められるため、入試問題もそれに伴いハイレベルになってきます。自身の受ける大学の特色をしっかり確認しておくことが合否を分けることにもなるのです。

宇都宮大学の受験対策は?

国立大学の宇都宮大学は栃木県内だけでなく、全国でもトップクラスの高い就職率を誇っている大学になります。分野ごとに偏差値も異なり、入試科目も異なるため、希望する分野ごとに必要な要素をしっかり確認しておくことが大切です。宇都宮大学の中で一番偏差値の高い学部は国際学部であり、外国語に関する能力を問われます。

必須科目の英語に加え、その他の外国語も入試科目に加わる可能性があります。2016年から2017年には中国語と韓国語が入試科目に加わった点も念頭に置いておきましょう。必須の英語の出題傾向に関しては、読解力は基礎程度ですが、表現力が強く求められるため、より高いレベルの表現力を身に付けておくことが重要です。小論文対策も怠らないようにしましょう。

自治医科大学の受験対策は?

偏差値が65以上を保っている自治医科大学は、国家医師試験の合格率が驚異的に高いことが特徴です。そのため、入試科目のレベルも高く、出題傾向と対策を入念に行っておくことが大切です。入試科目は英語、数学、物理、化学、生物と、英語や数学は基礎的、標準的な問題が多いことが特徴です。

しかし、英語の出題レベルが高くなっているため、しっかり対策を行っておきましょう。ほかの科目は、細かな知識が求められ、時間が短い上に問題数が多い特徴があります。物理は比較的難易度が低く、問題を正確に早く解けるかが鍵となります。化学は計算問題も多く、問題数が多いことが特徴です。生物は基礎的なものから考察する問題が出題される上に、問題数も多いため、早く問題を解くことが重要になります。

国際医療福祉大学の受験対策は?

国際医療福祉大学の中で最も高い偏差値の学部は医学部になります。数学、理科、外国語の三教科が入試科目として出題されます。解答形式はマークシート方式であるため、解答欄ズレなどの些細なミスに注意しましょう。数学は基礎はもちろん、論理や論証の問題も多数出題されます。また、マークシートは誘導形式であるため、流れに沿って解答する練習を行っておきましょう。

理科は他の学部よりもハイレベルな問題が出題される傾向にあります。広範囲で深い知識を身に付けておくことが重要です。英語は標準レベルの能力があれば解ける問題も多いですが、問題数があるためスピードが必要であることを覚えておきましょう。また、希望者には英語の面接も行ってくれるため、英語に自信がある場合は積極的に希望してみましょう。

まとめ

栃木県には医療系と福祉系の大学が多く、その偏差値は高い傾向があります。受験には十分な対策が必要です。それぞれの学部で求められることは当然異なってくるため、その学部に必要な専門的知識と基礎的知識を広い範囲で取り入れておくことが重要になります。マークシート形式など、その大学によって解答形式も異なるため、その対策も十分に行っておきましょう。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判