栃木高校の特色選抜とは?

「特色選抜」にどのようなイメージをお持ちでしょうか。自身や身近な人の経験がなければ、具体的な内容は分かりづらいかもしれません。ここでは、栃木高校における特色選抜の内容や合格に向けて押さえておきたい点などを中心にご紹介しています。特色選抜を検討されているのであれば、まずはその資格要件を調べて、受験資格があるのか、もしくはこれから十分要件を満たし得るのか確認しておかれると良いでしょう。

栃木高校の特殊選抜の科目

まずは栃木高校の特色選抜の試験科目について見ていきましょう。大きく分けて2項目あり、1つ目は10分程度の個人面接です。面接については特色選抜において欠かせない項目です。評価に関しては、面接は段階評価となります。

そして2つ目は、学校独自検査です。これは「総合問題A」の文系的内容の問題、「総合問題B」の理系的内容の問題があります。いずれも基礎的な知識を問うものとされています。そして評価については各問題とも100点ずつ、合計200点満点での採点となります。

また、中学校から提出される調査書と併せて志願理由書を作成する必要があります。これも資格要件の確認、面接時の資料として重要な役割を占めているので適切に作成し、充実した内容にしておく必要があります。しっかりと準備しておきましょう。

特色選抜で合格するためには

特色選抜で合格するために重要なことしては、まずは調査書を意識することです。調査書とはつまり、中学1年生から3年生までの3年間の成績、そして内申点です。栃木高校について言うと、国語・社会・数学・理科・英語の成績が優秀であること、そして部活動や生徒会活動、ボランティア活動等への積極的な参加といったことが受験資格の要件として挙げられています。

特にまだ受験までに余裕のある状況であれば、少しでも成績や内申点を良くする努力をしましょう。また、志願理由書についても面接時に高評価を得るための大きなポイントとなります。

志望先である栃木高校のことをしっかりと調べて、いかに自己アピールできるかが要となりますが、早めに準備を始めて、文章を練ることは可能ですので、ここをしっかり押さえておくことも合格への大きな一歩となります。

特色選抜だけの勉強はリスクがある?

特色選抜だけに絞って受験勉強をするのにはリスクがあるという考え方もあります。考え得る大きなデメリットとしては次の2点です。

まずは倍率が高くなるという懸念があることです。資格要件はあるものの、推薦入試とは違い、誰でも志望することができます。また、一般入試と合わせて2回受験できるという点からも受験人数は増加します。その一方で合格人数は変わりないため、倍率が高くなってしまうのです。

もう1点は、特色選抜対策に重点を置き過ぎてはいざという時に困るという点です。入試対策として面接や小論文の練習をする必要が出てきます。また、志願理由書の作成にも時間を取られることでしょう。特色選抜の対策だけに時間を割いて、不合格となってしまった場合に改めて一般入試で頑張ろうと思ったのでは遅いということです。一般入試についても頭においておきましょう。

まとめ

栃木高校の特色選抜についての情報をまとめてきました。早めの準備が大切だというのは、どういった受験対策でも共通して言えることではあります。しかし特に調査書が受験資格の要件となっていますので、日々の中学校生活が合否に影響してくるということです。そういった意味では、早い時期から受験を意識しておく必要のある入試だと言えます。ただ逆に、それを早いうちに意識しておくことで、周囲よりも大きくリードすることも可能だとも考えられます。日々やるべきことを真面目に行い、部活動や課外活動など打ち込めるものがあるという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判