塾の春期講習だけに通わせるメリットは?

学校の春休み前になると、盛んに募集が始まる「学習塾の春期講習」について、いったいどれほどのメリットがあるのか、どのような内容で、夏期講習と比してもどんな部分に気をつけて受講すれば、学習への効果的な講習となっていくのか、そういった特に親御さんたちが通わせる前に悩むであろうポイントを、解説していきたいと思います。事前の情報を掴んで、ぜひとも通って実のある春期講習を選び取って下さると幸いです。

塾に通っている生徒の学習量を知る

まず、塾に一度も通った事の無いお子さんであれば、是非とも受講をおススメします。何故か?まず一番に挙げられるのは「通わせることでのコストやデメリットは無いに等しい」からです。多くの学習塾が、春期講習を「無料」という形にしている場合が多いです(個別指導だと有料の場合有)。春期講習をスタートラインとしているから(夏期講習の場合は「より具体的な志望校設定」である場合が多いので、スタートにはあまりお勧めできません)でもあります。自分が今、どれだけの実力があるのかを確かめやすい授業やテストが多めに設定されているのです。

更に、今まで学校の同級生しか見てこなかった子にとっては、塾に通う生徒、特に進学塾に通う生徒の学習量の多さにはカルチャーショックを受けるはずです。その子の目標が進学であれば、きっと良い意味での刺激になってくれるはずです。

各教科の抑えるポイントを知る

全てにおいて言える事は「確認テスト」をしっかりと受けることです(夏期講習では「苦手分野洗い出し」より「実力向上」の為のテストが多いです)。自分の苦手なポイントを、そこで洗い出しておくことがとても大事です。確かに2週間は短いですが、苦手なポイントが分かれば、いくらその数が多くても、優先順位を付けてつぶしていけますし、つぶせずに残った部分は「学校で教わる」か「引き続き塾で教わるか」を選ぶ余地が生まれます。

具体的にですが、まずは「英語」に関しては、特に来春から中学校へ通う子にとっては、貴重な「予習」のチャンスです。先に塾で慣れておけば、中学校での授業では学習に集中できます。また「国語」などの文系項目は、記述問題に集中して取り組むのがおススメです。数学や理科は「計算スピードのアップ(これがあらゆる問題で基礎になる)」を集中課題にするべきでしょう。

今後の勉強や志望校の情報を聞き出す

春期講習の場合、概ね「2週間前後」が講習の期間として設定されています。これは丁度春休みの長さとほぼ一緒ですね。夏期講習もそれと同じ理由で1ヶ月弱に設定されていますが、先に記したように、特に初めて塾に通う子や、今まで勉強を改めてしてきたことが無い子には、かなり先が長く、スタートの時点で興味ややる気を削いでしまう危険性があります。

2週間前後の春期講習であれば、ゴールが見えているので、子供も集中力を維持したまま、高い意識の持ち方で講習をやり遂げられるでしょう。また、更に大事なのは今後の勉強方法と、志望校の難易度などの情報をできる限り集めておくことです。

お子さんが聞きづらければ、親御さんが面談や連絡ノートで聴いても良いです。これは以降塾を続ける続け内に関わらず、とても大事な情報です。

まとめ

ここまで、春期講習のみを通う事にメリットがあるのかどうかを探ってきましたが、改めてまとめてみますと「通うこと自体にメリットがある。ただし春期講習は苦手分野の洗い出し、夏期講習は受験本番への能力強化という方針の違いがあるということを念頭に置かないと、通ってもメリットが最大限に活かせない」ということが見えてきます。春期講習は特に初めて塾に通う方には、負担も少なく気軽でおススメです。是非、チャレンジしてみて下さい。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判