塾の授業料ってどのくらいかかるの?

塾は通えば通うほどお金がかかり、保護者にとっては頭を悩ませるものの一つとなります。大きな金額をかけたからといって成績が上がるとも限らず、できれば費用を抑えたいと考えている方も少なくありません。塾に通うと実際にどのくらいお金がかかるものなのか、平均的な金額を知ることでどこに通うかの判断ができるようになります。費用の目安と、学年ごとにかかる費用を見ていきましょう。

授業料の目安

塾の授業料は回数や講義内容以外にも、授業形式別に異なってきます。集団で授業を受ける教室スタイルで月に3回通った場合では3万円ほどの費用がかかりますが、個別指導では同じように通った場合4万円ほどとなり、集団よりもお金がかかってしまいます。
自宅に来てもらえる家庭教師の場合はより費用がかかり、他の授業形式と同じように頼んだ場合は月に5万円ほどかかります。少ない人数であればあるほど、費用は高くなっていきます。授業料だけではなく、入会金、教材費なども必要ですが、それぞれ1万から3万円ほどであまり差はありません。
集団形式だけは1万から2万円ほどであるケースもあり、個別指導よりも少し費用を抑えられます。ただし、費用が抑えられても授業形式が合わなければ成績アップは難しくなるので注意しましょう。

中学生向けの塾にかかる費用は?

中学生が通う場合、受験や進路が明確になった3年生頃に一番費用がかかってきます。1年生の頃は10万円ほど、2年生は14万円ほどですが、3年生になると25万円ほどと、大幅に費用がかかるようになります。
公立や私立など受ける学校によっても対策が異なり、授業回数の多さで費用に差が出てきます。1年生では公立と私立で費用の差はあまりありませんが、3年生になると、私立受験の場合に塾に使う費用は16万円ほどです。
公立受験の場合は26万円程となり、10万円もの差があります。公立では中高一貫が少なく、ほとんどの人が中学3年生で受験をするため、塾に通う人も多くなってこのような差が生まれます。学年別と学校別を合わせた平均的な費用は約14万円となります。

高校生向けの塾にかかる費用は?

高校生の進路は大学だけに限らず、専門学校への進学、就職するなど中学よりも選択の幅が広いため、塾に通う人は少なくなる傾向があります。それでも近年では少子化の影響もあり、ほとんどの人が大学に進学する時代になりました。
そのため大学の受験対策に塾に通う人も多く、中学よりも学習レベルが高くなるので、講義回数も多くなり費用もそれに伴って高くなっていきます。平均では15万円から20万円ほどかかりますが、中学の時に比べて公立よりも私立にかかる費用の方が多いようです。
学年別の費用も中学とは異なり、前倒しで受験対策を行なっていくため、2年生から二倍近く費用が高くなってきます。1年生は、公立私立の平均で6万円ほど、2年生は13万円ほど、3年生で17万円ほどかかります。

まとめ

それぞれの希望進路によって塾に通う頻度も違い、それによって費用も変わってきます。中学と高校の学習レベルの違いによっても変わり、中学では全体の平均が14万円ほど、高校では17万円ほどとなりますが、難易度が高いものになればなるほど講義回数も多くなり、費用もその分かかるようになります。
高い費用を払ったからといって確実に成果が得られるわけではありませんが、安い費用でダラダラと塾に通っていても時間とお金を浪費するだけになります。費用と合わせて自身に合う塾を探すことが重要となるのです。