子供が塾に行きたくないと言われたら?

塾にどうしても行きたくないと子供に言われた場合、保護者の立場からどのような対応を取りたくなるでしょうか。親として説得する、無理やりでも活かせる、子供の意見を尊重する。両親の価値観によって対応はさまざまですが、果たして、子供にとって心地良いのはどの対応なのでしょうか。子供が行きたがらない理由、塾の役割などを掘り下げつつ、両親として望ましい対応について考察していきます。

子供が塾に行きたくない理由

両親世代の想像とは裏腹に、「勉強についていけないから塾に行きたくない」と訴える子供は意外に少ないものです。子供たちにとって塾は勉強する場所であり、勉強がわからなければある程度努力すればいい、という理解が思いのほか根づいているようです。ただ、塾は同時に子供たちにとって「不特定多数の子供と貌を合わせる場所」であり、そこでのいじめやからかいを苦にして行きたがらないケースが多数を占めている現実があります。

これまで普通に通っていた子供がある日突然行きたがらなくなった場合、かなりの確率でいじめに遭っていると考えられます。新規の塾に行きたがらないようなら、子供が学校でいじめられていないかを考えましょう。学校でも同じことをされる恐怖感から行きたくないと訴えている可能性があります。いずれにしても、まずは子供の意見に耳をかたむけることで本当の理由が見えてくるものです。

まず説得するには子供目線で

子供が行きたがらないけれど、月謝ももう先払いしているし、勉強する時間を増やして少しでも将来の選択肢を増やしてほしい。両親としては先の先を考えているので、子供から行きたくないと言われるとついつい「これはあなたのためなのよ!」などと感情的になってしまいがちですが、それは完全に逆効果です。子供は両親が思っている以上に敏感でナイーブですので、受けたアドバイスが本当に自分のことを考えて言われたものか、ということは瞬時に見抜きます。

ここは親としても正直になり、なぜ塾に行ってほしいと思っているのか、学校とは違う楽しみがどの部分にあるのか、行かなかった場合にどのようなデメリットがあるのか、ということについて子供目線で順を追って説明することが正攻法となります。もしもここで合理的な説明が何ひとつ思い浮かばないようなら、それは親のエゴを優先させているということですので、通わせることそのものをあきらめたほうが良いかもしれません。

説得できない場合の対処法

親のほうがいろいろと具体的な材料を挙げ、塾に行ったほうがいい理由を子供にわからせようとしても、必ずしも説得がうまくいくとはかぎりません。教育熱心な両親ほど、そのような場合にはとにかく感情的になり、是が非でも子供を通わせようとしますが行きたくない子供の気持ちは変わらず、親子関係をこじらせてしまう可能性すらあります。

視点を変えれば、塾に行きたくないと両親に訴えられる子供はある意味で幸せなのかもしれません。内向的で両親の顔色をつねにうかがうタイプの子供の場合、内心ではいきたくないと感じていても両親を不機嫌にしたくない一心で無理をして何カ月も通いつづけ、心身ともに疲れきってしまうものです。子供の性格を普段からチェックし、なんでも言い合える親子関係をこつこつとつくっていれば、子供に無理をさせてまで塾や学校に通わせる、ということもなくなるはずです。

まとめ

親が子供を塾に通わせたい理由はさまざまですが、大切なのは無理にでも通わせることではなく、子供にとって心地良い学習環境を確保してあげることです。行きたくないと言い出す前には必ず子供なりのSOSが出ているはずですので、親としてはまずそのサインに敏感になり、一方的な都合を押し付けないようにしましょう。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判