中学受験での親の役割

中学受験をするのはもちろん子どもです。しかし受験生といってもまだまだ小学生。塾の送り迎えを始めとする日常生活にも親のサポートが必要です。その他にも勉強の計画を立てたり、食事での体調管理をしたりなど、子どもが万全の体制で受験に挑める環境を作ることが親としての大切な役割です。

また、子ども本人が志望する中学の情報を得ることはなかなか難しいものです。学習塾の先生に相談したり、ネットなどから情報を得たりするなどして、子どもに適している志望校を決めることも大切でしょう。

親がやってはいけないこととは

中学を受験したものの合格できなかった子どもの原因は、本人の力不足はもちろんのことですが、親の影響が大きいと言われています。それでは子どもに悪影響を与えてしまう親の行動とはどのようなことなのでしょうか。たとえば、夫婦仲のストレスを子どもの勉強で解消しようとはしていませんか?家庭環境が悪ければ勉強に集中できないだけでなく、入学後の不登校などにもつながる大きな問題です。

また、ママ友同士で志望校で子どもの優劣を決めていませんか?同じような状況が父親の職場でも起こりがちです。子どもの中学受験は親がマウンティングをとるための道具ではなく、あくまでも子ども自身のためだとしっかりと認識しなければなりません。

逆に子どものためだからと、子どもの勉強や生活すべてに口を出すことも厳禁です。子どもに主体性を持たせ自ら積極的に中学受験へ向かうように導くのが正しい親としての在り方なのです。

中学受験の方針を立てる

中学受験とは単純に中学校を選ぶだけではありません。中学、高校、そして大学を決める大切な選択になります。大学とひと口にいっても、国公立大学を希望している人、系列大学の進学を希望している人、有名私立大学を希望している人、その他の大学でもいい人やまだ決めていない人もいるでしょう。

今の大学で公立大学を希望しているのならば中学受験の時に公立大学に実績のある学校を選ぶ必要がありますし、系列大学に行きたいのなら附属中学を選ぶとよいでしょう。また、具体的な大学はまだ決まっていないというのであれば、進路の範囲が幅広い学校を選んでおいた方がいいかもしれません。

子ども自身はまだ具体的にわからないとは思いますが、将来なりたい職業などがあればそれに対してこのような大学に進んだらいいというアドバイスも親がしてあげましょう。

学習量をコントロールする

中学受験対策のある学習塾は数多くあります。学校別のコースが設けられていればいいのですが、大抵の学習塾では「中学受験」と大きなくくりでのコース分けになっていると思います。その場合、学習塾の教材などはトップ校と呼ばれる成績上位の学校に合わせて作られています。当然問題の難易度も高く、量も多くなります。志望校によってはそこまでの勉強が必要ではない場合もあります。

子どもは素直ですので、学習塾で出された課題は全て解こうと努力するでしょう。しかし当然問題が難しいのでそこにかける時間も多くとられます。明らかに出される課題が子どもの受験に不必要だと思われるのであれば、学習塾と相談して教材の量のコントロールをする必要があります。というのも、直接受験に関係ない課題をするのならば、その時間に他の学習をすることが出来るからです。

まとめ

夏休みが終わるといよいよ受験シーズンが近づいてきます。中学受験において親の役割は支援だけではなく、自分自身も当事者だということをよく理解する必要があります。子どもの成長は一直線ではありません。時に停滞したり時には落ち込んだりと思うようにいかないこともあるでしょう。

親は学習だけの面だけではなく、そういった子供たちの精神面でのサポートも大切です。また志望校の情報収集や学習塾の選び方など、子どもと相談しつつ、子どもに最適な道を選ぶことも重要なのです。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判