受験用の問題集の使い方

受験勉強はとにかく頭に入っている知識量、問題量で決まります。どれだけ短時間で多くのインプットをできるかが試されているのです。どの問題集を使って学力をつけるのか、こだわる方もいると思います。しかし声を大にして言いたい。本当に大切なのはどんな教材であれどう使い倒すのか。多数の人から名著と言われている教材であれば、実は教科ごとに一冊の教材でも十分に足りてしまうこともあるのです。センター試験対策に至っては高校で使用している教科書の内容を全て頭に入れるだけでも戦えます。

間違えた問題の解説を読む

問題集を使い倒すに当たって、復習は基本中の基本。問題を解いたらその正誤ばかりにこだわるのではなく、なぜ間違えたのか、そもそも何を聞いている問題だったのかをしっかり読み解く必要があります。
大抵の参考書では解答書に問題を解くプロセスがしっかり記されている上、応用例や問題に関する追記事項が記されています。問題集を一冊使い倒すとは問題集一冊を丸暗記するということであります。解説も含めて問題集だと捉え、全て頭に叩き込みましょう。
また解説を読むことは問題の意図を読み解くことにもつながります。よく全ての科目に共通して国語力は重要だと言われます。問題文を読んだ時そもそも問題の内容を理解できていなければ絶対に解くことはできませんからね。
問題を読んで意図を理解し正しく解答をするという能力は受験勉強のみならず、社会生活をしていくのには必須な能力です。問題と解説を見比べてそもそも何を聞かれていたのかを理解しながら勉強を進めていきましょう。

最初は疑問の洗い出しに専念

問題集を解いていると、どうしてもわからないことつまずくところはあるでしょう。それが多いとどうしても落ち込んで弱気になることもあるかもしれません。しかし受験勉強は時間との戦い。現時点で学力が足りていないことを落ち込んでも仕方ありません。
それをどう上げていき希望する学校に入るのかが重要なのです。わからない問題というのはあなたが勉強するべき箇所だということ。まずは問題集を一冊解き切ることによってあなたの弱点を見つけることができるのです。
弱点が分かれば対策も立てやすいはず。わからない問題、疑問点を手帳サイズのノートにまとめて持ち運ぶようにすればあなた専用のモバイル問題集を作ることができます。まず疑問点を洗い出すことで格段に勉強効率が上がるのです。

問題集は1冊を何回も繰り返すのが効果的

脳は何度も繰り返し同じ情報をインプットすることで記憶が定着します。一度覚えた内容を一定期間空けてもう一度覚え直すことでより強固な記憶として頭に残るのです。また付け焼き刃でなく、何度も繰り返し頭に刷り込んだ記憶というのは素早くアウトプットすることも可能です。
受験勉強は知識として頭に入れるだけでなく、決められた試験時間内でアウトプットする能力も必要です。一つの解答パターンを何度も繰り返すことで問題に対し反射的に答えることができるようになるのです。しかしただ問題集を繰り返すだけでは退屈ですぐに飽きてしまう可能性があるでしょう。
そこで自分の勉強がどれほど成果が出ているか可視化して達成感を得られる仕組みを作りましょう。例えば解けなかった問題には付箋を貼り、それが解けた時には付箋を剥がすと言った方法です。見た目で自分がどれほど多くの問題を解けるようになったかわかるようにしておくと勉強に目的意識が芽生えて良いでしょう。

まとめ

数ある問題集の中でどれを選ぶのか重要視する人もいるでしょう。しかしそこに時間と労力をかけていたら、受験勉強の時間がとれずもったいないです。学校の教師や予備校の講師に問題集を決めてもらって、以降はその一冊と心中するつもりで勉強に励んでください。ある程度多数の人から評価されている問題集を使うのであればどれも似たり寄ったりです。一冊の問題集をどれほどしっかり頭に入れているかが一番重要なこと。速やかに自分の一冊を決めて勉強を始めましょう。