発達障害でも通える宇都宮の塾は?

昔と比べて世間の認知度が高くなってきた発達障害。障害に合わせた環境作りも、近年では施設や学校など積極的に行なっています。宇都宮も例外ではなく、近年では発達障害を持つ方でも通うことのできる塾も多くなりました。勉強内容や環境作りも普通の塾とは異なり、個人のこだわりが強く影響する発達障害ならではの状況をしっかり考えて環境を整え、利用する方だけでなく、家族の方も安心できる塾が重要となります。

アンダンテ

発達障害を抱える小学1年生から高校生、または成人の方の支援を目的とした塾、アンダンテではマンツーマンの授業を行なっています。集団が苦手なことが多い発達障害を抱える方にとって、大人数での授業は困難を極めます。一対一の授業で一人ひとりのペースに合った授業を行なうことで、勉強にのみ集中できるようになります。
通常学年ごとの内容で授業を行なっていきますが、障害を持つ場合は年齢と学年に合った学習で教えていくことが困難になります。宇都宮のアンダンテでは学年に合った内容を教え込むのではなく、障害の重度から本人の学習の偏り、理解度、学習ペースを把握して授業を行なっていきます。
月謝は週1回コースで2万1600円、週2回コースは3万5640円、月6回コースは3万780円となり、火曜と木曜、土曜の中から受講する日を選んでいきます。小学校1年生から3年生までは週1回コースのみとなり、月謝は1万6200円となります。

こどもサポート教室「きらり」宇都宮校

こどもサポート教室「きらり」は、その名の通り発達に支援が必要な子供をサポートする塾となっています。1歳半から高校生までの、発達に課題を抱える方のサポートを行なっています。発達の状況に合わせて一人ひとりにプログラムを組み、保護者の方と相談し定期的に組み直しながら授業を行なっていくことが特徴です。
療育風景は保護者も見学ができるため、情報の共有を行ないながら適切な環境を整えていきます。また、学校や医療機関などの施設と連携を取りながら学習支援を行なうこともこの塾の特徴です。
学力向上だけでなく、生活面やコミュニケーションスキルへのサポートも行なっています。自治体で発行される受給者証に記載されている利用者負担上限金額が1ヶ月の最大金額となりますが、指導1回に対して1000円前後が基本となります。

KATEKYO学院

発達に課題のある子供や不登校の子供を対象に完全個別指導スタイルの授業を行なっている塾になります。この塾の特徴は、教室に通う授業スタイルと自宅で学ぶことができる家庭教師の授業スタイルがあることです。
集団や騒がしい場所、初めての場所が苦手であることが多い発達障害の方は、学習にのみ集中することが難しくなります。しかし、慣れた自宅であれば上手く勉学に励むことができ、同時に自宅での学習環境を整えることも可能です。
家庭教師スタイルでは保護者の方の送迎ストレスもなく、塾と変わらない学習を行なえることが特徴です。一人ひとりに合わせるため、回数などによって料金は変わってきます。高校生コース1回の料金はおおよそ8000円前後で、月に3万円程の料金がかかります。

まとめ

発達障害用のプログラムを組んでいる塾は、マンツーマンの授業スタイルで一人ひとりに向き合った学習環境作りを重視しています。学校や施設との連携を取っている所や家庭教師スタイルで授業を行なっている所も宇都宮では多くあり、保護者の方も安心できるように相談など繰り返しながらプログラム作成を行なっています。宇都宮で発達障害用の学び場を探す際は、環境作りをどのように作っていくかを事前にしっかり見て決めていきましょう。