小学生・中学生・高校生それぞれ学習塾の費用はどのくらい?

「うちの子どもも将来の受験に備えて学習塾に通わせたいけれど、月々のコストが心配」という方は意外に多いのではないでしょうか。有名な学習塾ほど月謝が高く、通わせるのが大変というイメージがあるかもしれませんが、カリキュラムや学年、指導スタイルなどによってトータルコストが細かく設定されていますので事前に情報を収集し、予算に見合ったところをピックアップする必要があります。小学生から高校生まで、年齢別の学習塾の費用相場について詳しくまとめました。

小学生向けの学習塾の費用

今や、受験対策以外で小学生のうちから学習塾に通うケースも当たり前になりつつあります。小学生向け学習塾の費用相場は目的別に分かれており、公立学校で6万円、私立学校で22万円というのが平均になっています。私立の有名学校の受験対策として通う場合はトータルコストが高くなり、カリキュラムが充実しているところで受講料だけで年間100万円以上におよぶケースもあります。

小学生の塾選びで最も重要なのは、子どもに目的意識をはっきりと持たせることです。小学生のうちは本来遊びがメインで、学校以外にはあまり勉強をしたがらないのが普通だと言われています。そんな時期の子どもに両親が一方的な都合によって学校以外の学習を無理強いしたのでは子どもは反発しますし、かえって学習意欲を失いかねません。

両親としてはあくまでも子どもの自主性を尊重し、子ども自身が楽しんで勉強できるような環境を整えてあげることが大切です。

中学生向けの学習塾の費用

中学生になると、高校受験にそなえて学習塾や予備校に通う子どもの比率がクラスでも増えてきます。小学生では公立受験コースのほうが私立よりも費用面で安くおさえられていますが、中学以降になると相場が逆転し、私立14万、公立20万円という年間コストになっています。なお、これは1年次の平均相場であり、受験対策が本格化して補習講義や集中講座が増える3年次になると年間コストが公立で30万円以上におよぶこともあるようです。

中学生以上になれば小学生時代と違って自分なりの目的意識がはっきりしてきますし、将来の夢や目標も明確化してきますので両親としても子どものモチベーションをキープしやすい時期であると考えられます。得意分野と苦手分野がはっきり分かれてくる年齢でもありますので、得意を伸ばすのか苦手分野をカバーするのか、受験対策の方向性を見極めることもポイントと言えます。

高校生向けの学習塾の費用

文科省の調査によると、公立高校に通う生徒のうちおよそ35%が塾に通っているそうです。高校生ともなるとそれぞれに将来のビジョンが定まっており、早ければ2年次の春以降から志望校を絞り込んだ受験対策に力を注いでいます。気になる費用相場は公立で13万円、私立で22万円という年間コストが示されています。

これは1年次の平均相場であり、学年が上がり授業回数が増えるにしたがって月額のコストも底上げされていきます。たとえば、集団講義では1、2年次で約50万円、3年次で最高70万円が必要となり、有名私立の個人指導では100万円以上の年間コストがかかる場合もあります。

高校生の場合は保護者が干渉する余地が少なくなり、基本的には本人に任せられますが、学習意欲が目に見えて下がってきた、などのサインが見えるようなら保護者のほうがさりげなく声かけをするなど、本人が無理しないようにフォローすることが大切です。

まとめ

小学生、中学生、高校生。学年によって学習塾の費用相場は異なっており、基本的には学年が上がるほどトータルコストもかさんでいく、という傾向があるようです。コストのみに目をむけるのではなく、保護者としては本人のモチベーションに注意しつつ、無理せずのびのびと受験対策が進められるような環境を整えてあげることが重要となります。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判