多様化する中学受験の実態に迫る|宇都宮で受験に強い塾を徹底比較!

多様化する中学受験の実態に迫る

これまでの中学入試では、知識が問われ、学力を測るものが一般的でした。現状、まだまだ基本の4科目である国語・算数・理科・社会といった試験のみが合否判定の対象とされている学校が多いのも事実です。しかし、中学受験は少しずつ多様化しつつあり、求められる能力が基本的な知識だけではなくなってきているのです。その背景にはどういったことがあるのか、新しい試みとはどのようなものなのか、その実態についてまとめています。

多様化する背景には2020年の大学入試

なぜ今、中学受験に「多様化」という現象が見られるのか、実態を紐解いてみましょう。その背景として考えられるのは、国の指針である2020年の大学入試改革です。これから求められるのは、暗記した知識や単なる学力だけでなく、それを使っていかに応用できるか、それをどう人に伝えるかという能力です。

つまり大学入試においても、「思考力」や「表現力」といった能力を測る試験内容に変遷していくのです。その流れを受けて中学校でも、入試に変化が起きていると考えられます。そういったことに対応できる生徒を集めたい、そして大学入試改革を意識した入試づくりをしているということをアピールしたいといった観点から、中学受験においても多様化という「改革」が行われつつあるのでしょう。場合によっては選択肢が広がるということも考えると、今後の動向は見逃せません。

英語が選択式で導入されている

ご存知の通り、小学校においても本格的な英語の授業が始まり、国語や算数とともに重要な科目となりつつあります。おそらく数年のうちには、小学生にとっても英語が主要科目のひとつとなっていくことでしょう。すでに中学受験でも、選択科目のひとつとして英語が導入されている学校もあります。

問題形式としては、記号選択制のものが多く、学校によってはリスニングや英作文といった問題も含まれています。また英検何級以上取得、もしくは同等の英語の能力を持ち合わせている者といった、受験資格を設けているケースもあります。それほど、英語の能力が中学受験においても重要視されてきているということでしょう。

英語が入試においても主要科目のひとつになってくる可能性もありますので、少なくとも学校の授業をしっかりと取り組んでおくべきでしょう。

私立中学では適性検査型の入試を実施しているところも

「適性検査型入試」という試験があるのはご存知でしょうか。これは主要の4教科の知識を総合して解くタイプのもので、思考力や応用力が試されるものです。例えばそういった知識を活用して出された問題に対して解決方法を考え、その自身の考えをもとに自分の言葉でまとめることが求められるという点では、表現力も重要と言えるでしょう。なんとなく、従来の受験勉強よりも難しく感じる方もいるかもしれません。

確かに従来の中学受験のイメージのままだと、どんなものか分かりづらいこともあるでしょう。しかし考え方によっては、子どもの選択肢やチャンスが広がる可能性も秘めているということです。先に挙げた能力に加えて発想力や総合力といった、子どもの特性や個性を生かすことのできる中学校での学びの機会を得られるかもしれないからです。

まとめ

多様化する中学受験の実態について、まとめてきました。これから中学受験の情報取集をと考えておられた方だと、驚かれたこともあるかもしれません。2020年の大学入試改革を目前にして、中学入試においても改革が行われつつあります。中学受験全体、そして志望先の今後の動向について目が離せない状況にあります。ただ言えることは、入試の内容に変化があろうとも小学校での基本的な学びが必須であることに変わりはありません。まずは基礎固めを十分しておくこと、そのうえで受験対策を行うことが大切です。

  • 1

    優希シンシアティの特徴と評判は

  • 2

    開倫塾の特徴と評判は

  • 3

    能開センターの特徴と評判は

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判は

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判は