高校受験で勉強しない子供にやる気を起こさせるためには?

簡単にはいかない高校受験を控えているにも関わらず、どうも「やる気が出ない」「どうして勉強しなければいけないのか分からない」「もう何をどうすればいいのか分からない」と途方に暮れていたり、悩み過ぎて堂々巡りになっていたりするようなお子さんを抱えていらっしゃる親御さんや先生方に、少しでも解決の一助を提供できればという思いで、様々な方法を集めてみました。

誘惑が多い環境を変える

「環境づくり」というのは、とても大事なことです。勉強ができる人と言うと、皆さんがまず一番に思いつくのは「東京大学に合格した人」だと思いますが、彼らや彼女らも、もちろん例外はあるにしても、生まれた瞬間から、難関高校受験や東大合格を実現するような抜群の学力ややる気、集中力を誇っていた訳ではありません。

それを花開かせたのは、親や地域、学校といった周囲の環境が「遊んでいい時間」と「勉強すべき、集中すべき時間」を、彼ら彼女らの幼少時からしっかり分けていたからです。

東大に行かずとも、勉強自体は同じ事をするだけなので、まずは環境を整えましょう。いきなりテレビやスマホを取り上げるのではなく、勉強(今日は何時から何時まで必ず勉強をする)時間の約束をしましょう。学校の先生や塾の先生と相談して、その時間でピッタリ終わりそうなメニューを作っておくのも効果的です。

他人と比較しない

上記のように「まるでゲームに挑んでいる(この場合のゲームの得点は、すなわちテストの得点)」ような気持ちで勉強に取り組ませることが、とても大事な事です。ほんの少しでも「勉強が楽しい」と思ってくれる瞬間が生まれたら、子供たちは自然にやる気をみせていきます。ここでやってはいけないことは他人との比較をすることです。

高校受験や勉強というのは大前提として「自分の為にするもの」です。親の為にも兄弟の為にも、ましてや他人のためにもするものではありません。むしろ、自分の人生の選択肢を広げるためにするものなのです。そしてなにより勉強の結果は、結局の所テストの点数であることが現実です。他人と比べるくらいなら、点数をどれだけ楽しくとるか、どれだけ楽しく勉強をするかという部分に、親や周囲の大人は、意識を傾けてあげましょう。

勉強しなさいとは言わない

そして「環境づくり」に関わる部分として、「勉強をしなさい」とは言わないことが大事です。子供は決まって「じゃあ何のために勉強するの?」という問いを投げかけてきますが、その問いは沼にはまるように答えの出ない話になってしまいます。

それに、自分が勉強しているのに親兄弟はテレビを観て楽しんでいたら、子供だって納得できません。それを力で抑えつけようとしても、子供はますます反発するだけです。例えば親御さんも本を読む時間を作るとか、創造的な趣味の時間にするなど「時間をしっかり、但し根を詰めずに楽しく使っている」姿勢を見せれば、子供は自分が「やる気を出すための場所」に向かいます。

それが積み重なって、自然な勉強の習慣になります。地味な話かもしれませんが、総得点が10点上がるだけでも、進学の選択肢が広がっていくのが高校受験なのです。日々の小さな集中も、決して無駄になりません。

まとめ

ここまで、高校受験で勉強しない子供たちに、どうやって勉強してもらうかという悩みの解決法を探ってきました。環境づくり、子供に対しての言動、やる気の出させ方を挙げていきましたが、一番大事なのは「親が自分を追い詰めない」ことです。特に多感な時期に、周囲のプレッシャーや歪んだ意識付けは、子供の将来に重大な悪影響を与えてしまいます。受験の1年間で、子供は驚く程成長します。むしろ一緒に、親や先生方も成長する、一緒に楽しむ、という意識で、子供たちと受験を精一杯楽しんでください。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判