宇都宮で医学部受験に強い塾はどこ?

医学部受験に独学で臨むこともひとつの方法ですが、早い段階から相性の合う学習塾を選ぶことで、合格率を何倍にも高めることができます。塾というとどこも同じようなカリキュラムのように感じられるかもしれませんが、最近の塾は独自の受験対策コースを用意しており、特に最難関と言われる医学部受験については基本カリキュラム、期間、講師陣などの面で差別化をはかっています。今回は宇都宮エリアで有名な学習塾を詳しく御紹介しますので、医学部受験をひかえている方は要チェックです!

トライ式医学部合格コース

医学部合格への最短距離をめざすのであれば何といっても、実績のある「トライ式医学部合格コース」がおすすめです。家庭教師の分野ですでに安定した信頼と実績を獲得しているトライ式だからこそ可能なマンツーマン指導により、たとえE判定からでも難関大学への合格を実現させます。

「トライ式医学部合格コース」最大の特徴はやはり、緻密な「和田メソッド」でしょう。受験の神様として名高い精神科医の和田秀樹氏の監修のもとで確立された和田メソッドを応用したマンツーマンレッスンによって、受験生ひとりひとりの基礎学力と応用力、そして受験への対応力を確実に底上げしていきます。

受験を目前に控えた高校3年生はもちろんのこと、既卒者や高校2年生以下、中学生も対象としており、それぞれの年代に合わせた受験対策について選び抜かれたプロの講師陣たちが的確にアドバイスしてくれます。

エコール麹町メディカル

宇都宮エリアで一際医学部受験に力を注いでいるのが「エコール麹町メディカル」です。オーソドックスな医学部受験はもちろんのこと、獣医学部といった普通の学習塾ではなかなか対応していない受験カリキュラムにもきっちり対応しており、基礎から応用まで幅広くカバーできるところに特色があります。

学費はカリキュラムによって異なり、全日制昼間部本科で入学金5万円、管理登録費10万円、年間指導料、216万円から312万円となっております。夜間部も用意されており、こちらは入学金2万円、登録費1万円から5万円、年間指導料21万6千円から156万円という費用になっています。

また、通信課程であれば自宅にいながらにして受験対策を進めることができ、入学金3千円、受講料一括納付で24万円となっています。この他にも個人指導コースなども用意されていますので、詳細は塾のほうに直接お問い合わせください。

東進衛星予備校

テレビCMなどでおなじみの東進ハイスクールの系列である「東進衛星予備校」。東進ハイスクールの安定したノウハウを活かしたきめ細かい指導法により、受験目前の高校3年生はもちろんのこと、受験準備期間にある中学生まで包括的にサポートし、合格まで導きます。

学習塾でありながら、学費は比較的リーズナブル。入学金32400円。受講料は1科目あたり年間75600円。担任指導費32400円というコストが設定されています。補習講義や夏季、冬季の集中講義を受ける場合は2万円から4万円程度の追加料金が必要となります。

東進衛星予備校のセールスポイントと言えば何といっても、独自に開発されたPOSシステム。「Point Of Support」の略で、受験生ひとりひとりの得意分野と苦手分野を分析したうえでピンポイントな学習スタイルを講師陣が提案してくれますので、合格までの最短距離がわかりやすく見えてきます。

まとめ

宇都宮エリアで医学部受験対策に定評のある学習塾を3つ厳選してご紹介しました。受験対策において塾や予備校との相性は何よりも重要であり、中学生のうちからのびのびと勉強して力を伸ばせる塾を見きわめることによって難関医学部への合格率を高めることができます。受験を視野に入れている方や親御さんはしっかりと下調べして塾を選定するようにしましょう。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判