英語の受験対策なら塾と英会話スクールどっち?

英語の受験対策はシンプルなようでいて意外と幅が広く、いざ始めるとなると何から手をつければいいのかわからなくなるものです。塾と英会話スクールでは、子供たちの学習面でどのような違いが見られるのでしょうか。それぞれの特徴、メリット、デメリット、効率的な選び方についてまとめましたのでぜひとも参考になさってください。

塾と英会話スクールの違い

子供をはじめて習い事に通わせようと考えている親御さんにとって何よりも気になるのは「英語塾と英会話スクール、どちらが受験対策につながるのか」ということではないでしょうか。英語塾と英会話スクールはどちらも、「英語にふれる」という点では共通していますが、授業スタイルや基本コンセプトには大きな違いがあり、目的に応じて適切なほうを選ぶことがポイントとなります。

端的に言えば、塾は英語を学ぶための場所、英会話スクールは英語を楽しむ場所ととらえることができます。塾では英語をひとつの教科として扱い、文法や基礎的な単語を覚えることのほうに重点を置きますが、英会話スクールはあくまでも英語を楽しむための場所であり、たんなる暗記ではなく「話す、聴く」という能動的な行為を通してコミュニケーションスキルを向上させる目的があります。

英会話スクールの弊害とは

シンプルに「英会話に親しむ」ということを目的にするのであれば、コミュニケーションに力点を置いた英会話スクールのほうがより高い効果が期待できるでしょう。ただ、受験対策という観点で見た場合、英会話スクールにはいくつかの弱点があります。「話す、聴く」スタイルの学習を重視する英会話スクールでは実践的なトレーニングがメインとなり、文法や単語の細かい用法などについてはあまり深く掘り下げられません。

英語の受験対策ではむしろ基本的な文法を暗記することがポイントになりますので、実践主義をとる英会話スクールはいささか不向きかもしれません。基礎文法や単語のボキャブラリーについてはすでに自信があり、リスニングおよびスピーキング能力を補強したい、補強させたいという場合は英会話スクールも選択肢に入ってくるかもしれません。

学習目的に合わせて選択すべし

単純に受験対策という観点であれば英語塾のほうが効率的かもしれません。しかし、英会話スクールにも「能動的に学べる」という大きなメリットがあり、楽しみながら学びたい、という場合はおすすめの学習スタイルと言えるでしょう。ここ数年はどの大学でもリスニングおよびスピーキング能力を重視する傾向にあるため、知識を詰め込む方式のスタイルだけでなく、英語を話して聴くというアクティブな受験対策を併行してつづけていくのも有効な勉強法と言えます。

読む能力と話す能力、どちらが秀でているかは個人差が激しいところですので、まずは自分のスキルと適性を見きわめ、受験までのタイムリミットを逆算しつつ、確実に学力を伸ばせるアプローチを選びましょう。長所をとにかく強化するのか、弱点を補強するのかによっても最適な学習スタイルが変わってくるため注意しましょう。

まとめ

塾と英会話スクールは一見すると同じようですが、授業スタイルや基本コンセプトには根本的な違いがあり、受験対策にあたってはより効率的なアプローチを選ぶことがポイントになります。知識を積み重ねたいなら塾、実践的に英語力をつけたいなら英会話スクール。まずはそれぞれのメリットを比較したうえで、無理なくつづけられるほうを見きわめましょう。

  • 1

    優 希WINの特徴と評判

  • 2

    開倫塾の特徴と評判

  • 3

    能開センターの特徴と評判

  • 4

    進学塾クオリアの特徴と評判

  • 5

    個別指導アクシスの特徴と評判

  • 6

    武田塾の特徴と評判

  • 7

    進学塾ACADEMYの特徴と評判

  • 8

    個別教室のトライの特徴と評判

  • 9

    ノーバスの特徴と評判

  • 10

    個別指導のone塾の特徴と評判